イベント・キャンペーン

横手にかまくらの季節がやって参りました


横手にかまくらの季節がやって参りました

■〝かまくら〟について

「かまくら」は、水神様をまつる横手の小正月行事です。
かまくらは毎年2月15・16日の夜に行われる小正月の伝統行事で、みちのくの冬の風物詩として全国的に知られています。
中に子供たちが入って、「はいってたんせ(かまくらに入ってください)」「おがんでたんせ(水神様をおがんでください)」といいながら、甘酒や餅を振舞います。
「かまくら」はもともと、中にまつられた水神様にお賽銭を上げて、家内安全・商売繁盛・五穀豊穣などを祈願する行事でしたが、時代の変化とともに観光化が進んで現在のような形になりました。市内に100個ほど作られるかまくらの中では、甘酒(あまえこ)や餅やお菓子などを食べながら、夜が更けるのも忘れて“話っこ”に花が咲かせます。


■かまくらの歴史
横手のかまくらは、約450年の歴史があると言われています。
藩政の頃、武家の住んでいる内町(うちまち)では、旧暦1月14日の夜、四角い雪の壁を作り、その中に門松やしめ縄などを入れ、お神酒や餅を供えてから燃やし、災難を除き子供の無事成長を祈った左義長のかまくらが行われました。
一方、商人の住んでいる外町(とまち)では、旧暦1月15日の夜、町内の井戸のそばに雪穴を作り、水神様(おしずの神さん)を祀り、良い水に恵まれるようにと祈りました。
また、当時の子供達の間では、積もった雪に穴をあけて、その中に入って遊ぶ雪遊びがありました。これらの風習が長い年月をかけて融合し、現在のような「かまくら」になったといわれています。

大正の終わり頃までは、現在のように各家々でかまくらをつくるのではなく、町内ごとに行われていたようです。かまくらの夜は、満月が煌々とかまくらを照らし、月明かりに浮かぶかまくらや、灯る蝋燭の火には情緒深いものがあります。子供たちは、月明かりに自分の影をうつして占ったり、固く圧雪した雪に、雪下駄をきしませて歩いたりしたものです。

昭和11年、ドイツの建築家ブルーノ・タウトがかまくらを見てメルヘンの世界を絶賛し、彼の著書「日本の再発見」にその時の感動が綴られています。



『すばらしい美しさだ。これほど美しいものを、私はかつて見たこともなければまた予期もしていなかった。これは今度の旅行の冠冕だ。この見事なカマクラ、子供たちのこの雪室は!子供たちは甘酒を一杯すすめてくれるのである。こんな時には、大人たちはこの子たちに一銭を与えることになっている。ここにも美しい日本がある。』




昭和10年頃までは雪室のかまくらが作られていましたが、天井が落ちる危険があったため止められ、天井にむしろなどを掛け、入口にはござなどを下げました。昭和27年より、かまくらの開催日が新暦2月15日となりました。その後、「ぼんでん」と合わせ「雪まつり」として開催することになりました。

昭和34年にモデルかまくらが作られ、これを契機に現在のようなかまくらが作られるようになりました。昭和37年頃になると、自動車の交通量が多くなり、交通の邪魔にならないようにと注意が出たため、段々かまくらの形が縦長になってきました。昭和44年になると自動車の交通量が多くなり、規制を受けた道路はかまくらが作られなくなりました。この頃よりかまくらの数の減少が始まります。
これを受けて、昭和46年頃にはミニかまくら運動がおき、町中にミニかまくらが作られるようになりました。この頃から、市内に点在していたかまくらを集約した「かまくら通り」を設け、一層の観光化がはかられました。



■かまくらの語源
かまくらの語源には諸説がありますが、これだと断定することは難しいようです。

①「かまど」の形と似ているからという説
かまくらの原型はかまど型でした。形ばかりでなく、この中で正月用のしめ飾りなどを焼いたことから「かまど」を語源とする説となっています。

②鎌倉大明神を祀ったからという説
古い書物に、かまくらの側に鎌倉大明神の旗が立てられている絵があり、また鎌倉大明神を祀ったとも書かれています。この神の名から「鎌倉」を語源とする説があります。

③神座(カミクラ)から訛った説
雪室は神様の御座所、すなわち神様のおいでになる神座であることから、この神座(カミクラ)がかまくらに変化したという説です。

④鎌倉権五郎景政を祀ったという信仰からでた説
後三年の合戦で、弱冠16才で勇敢に戦った鎌倉権五郎景政を祀ったことから、かまくらとなったという説です。

⑤鳥追い歌の歌詞からという説
鳥追い歌に「鎌倉殿」という歌詞があることからかまくらになったという説です。

この様に、〝かまくらの起源〟というのは非常に曖昧なものとなっております。
男鹿のなまはげ始め、こういった民話や伝説が絡んでいるものは起源が曖昧なケースが多いです。
しかし、〝曖昧だからこそ〟の風情というものがございます。お客様一人一人が様々な美しい想像
を以って、幻想と現実の境目をお楽しみ頂けるのもまた、かまくらの醍醐味というものでございましょう…。



■かまくらが作られるまで

昭和34年に「モデルかまくら」が作られてから、現在のような形のかまくらになりました。
かまくらの作り方については、(一社)横手市観光協会が次のような指導を行っています。

1.雪を積み上げる
直径約3.5mの円を描いてその中に雪を積み上げ、踏み固めながら3mくらいの高さに積み重ねていきます。

2.形を整えて強度を確保する
かまくらという雪室は人が入るものですから、中で火を起こした際に崩れないようしっかりと固めなければなりません。
踏み固めて形を作ったのち全体に水を浴びせ(あるいは雨で自然に水分を含ませ)、雪を凍らせることで頑丈な壁が出来上がるのです。

3.穴開け
正面入口部分に縦1.3m、横0.7mの印をつけ、穴を掘り始めます。壁の厚さを50cm残し、内部を大きく掘り上げます。

4.仕上げ
内側と外側の壁になる部分を滑らかに丸く仕上げます。最後に、内部の正面に神棚を作って完成です。

この様に、かまくら作りは〝かまくら職人〟という専門の職人さん達により大変な工程を経て作られます。この事を心の片隅にそっと置いて見て頂けると、より一層かまくらは美しいものとなるでしょう。

  • イベント日時

    2019年2月15~16日の2日間(横手かまくら祭り)でございます
    当館では、かまくら祭り2日間以外の期間でも、お客様にかまくらをご体験頂けるようになっております故、この機会に是非一度横手へ、当ホテルへお越し下さいませ。

  • 料金

    無料

  • 場所

    主な開催場所:横手市役所前、羽黒町(横手市立南小学校前)、横手公園内

    当館は横手公園から徒歩約10分弱の場所へ位置しておりますので、チェックイン後に歩いて美しいかまくらの待つ会場へ歩いて行くことが可能でございます。
    未だかつて〝かまくら〟を見た事のないお客様、この機会に是非とも当館にて幻想的な横手の雪景色の中でお過ごしになられてはいかがでしょうか?


  • その他

    かまくらの時期は積雪量が多くなる傾向がございます。
    車、徒歩関わらず、足元が滑りやすくなっており危険です。どうぞお越しになる際にはしっかりと温かい服装で雪道への対策を行ったうえで、どうぞお気を付けてお越し下さいませ。
    当館でもかまくらを制作してお待ちしております。ご興味をお持ちの方は、スタッフまでお声掛け頂ければ、当館敷地内に於いて体験をして頂く事も可能でございます。〝寒い冬だからこその楽しみ〟を是非とも御体験頂ければ私共も幸いでございます。


    ご参考までに、かまくらの工程を説明した動画のURLをご覧くださいませ
    こちらでございます

イベント・キャンペーンに関するお問合せ

電話でのお問合せTEL 0182-23-8071 WEBでのお問合せはこちら →